瞑想をやるのに適した時とは?

瞑想は、朝、昼、晩、いつやるのがおすすめ?

質問にお答にします。

おすすめしなしない時とは

  • 食事をしたあと
  • コーヒーを飲んだあと
  • 酒に酔った状態
  • とても疲れている時
  • 体調が悪い時
  • とても眠たい時
  • とても急いでいる時

全部やったことはありますが、

こんな状態の時には、

瞑想することはおすすめしません。

なぜなら、

目を閉じて、じっとはしてられない感覚になったり、

くすぐったいような感覚になることがあるからです。

例えば食後すぐには、マッサージを受けるなと聞いたことありませんか?

食後すぐは消化器に血流を回し、消化を早くする必要があります。

しかし、マッサージを受けると、

マッサージを受けた個所に血流を奪われることになるため、

消化不良を起こしたりします。

そのせいか私は食後すぐマッサージを受けて

拒絶反応がおき、くすぐったく感じたことがあります。

瞑想もそれと同じことだと言えます。

瞑想中は出来るだけ脳に血流を回す必要があります。

その結果、前頭前野や後退状皮質によい影響を与えることができる。

この事は有名なアメリカの大学での研究結果も出ています。

上で述べたお勧めしない時以外なら、いつでも瞑想を行なっても大丈夫です。

それなら、とくに瞑想に適したおすすめはいつなのか?

朝食を摂る前と夕食の前、

やるなら絶対に空腹時をおすすめします。

空腹状態だと瞑想の体感値もあがりやすいです。

とにかく、ご自身の生活のリズムに合わせて、

気負わず楽に軽やかに楽しんで実践することが大事です。