瞑想は何分間やるの?

瞑想は何分間やるの?

1分間? 3分間? 10分間? 質問にお答えします。

ヴェーダ瞑想は1回20分間の瞑想を行います。

確かに20分間だと案内すると、長すぎるとか、

そんな時間を取れないなどの声をよく聴きます。

このブログを読んでいる方のなかにも、

仕事や家事、いつも忙しく働いていらっしゃる方も多いと思います。

そんな時間が取れないと感じられるのも、よくわかります。

でも、瞑想とはいつも忙しく働いている程お勧めします。

なぜなら、忙しいことでイライラしてしまったりだとか、気持ちが休まらなくていつも疲れ果てているなどの悩みを解消する効果があるからです。

また、過去の自分の言動を悔んだり、他人の言動を、いつも気にしてしまう人、

一人で過ごしていると不安や抑うつが押し寄せてくる人など、

メンタル的な様々な悩みを、薬などには頼らず本来あなたが持っている能力を使って解決することができます。

瞑想は、修行でもなければ、鍛錬でもありません。

瞑想は、睡眠するよりも、脳や意識を休めることができると知っていますか?

脳を意図的に休めることで、本来あなたが持っている力を、最大限に発揮することが来るようになれるのです。

その他の効果として、知性や知覚が発達する。

冷静にモノゴトを判断できるようになる。

イライラが解消する。

モノの見方、捉え方が変わり、視野が広がる。

周りを変えるのではなく、自分が変わることで、見える世界が変わってくる。

直感力も上がります。

トラブル起きたとしても受け流したり、早期に解決することが出来る。

自分の本当の価値に気づき、自殺なんて馬鹿な考えなくなる。

やるべきことが見えてくる。

そんな、気持ちいい状態、パワーアップした状態、意識をアップデートした状態になれるのに瞑想の20分間を、果たして本当に脳は、面倒臭い、そんなの嫌だ、長過ぎると感じるでしょうか?

なぜ、多忙な多くの有名企業の経営者や、一流スポーツ選手が、1日20分間の瞑想を2回もやっているのか、それは仕事でも、試合でも、自分にとって一番大事な重要な場面で、最大限のパフォーマンスを発揮することが出来るからだと考えられます。

先ずは、忙しいあなたも、生活の一部に瞑想を取り入れて、習慣化することがとても大事だと言えます。

瞑想を続けていると、同じ20分間でも長く感じる時も、短く感じる時も勿論あります。

途中で、やめたくなったら中断してもOKです。

ただ、瞑想の効果を得るには、どうしても20分は必要なので、

時間がないので1分だけ5分だけ、10分だけとかはやらないで下さい。

ヴェーダ瞑想で最大の結果を出す為には、 基本1日2回、20分間行います。

型を守りさえすれば、 いつでも、どこでも、やれます。

1日2回は無理ならば、1日1回20分間でも大丈夫。

きっとあなたも、慣れてくると、

もっと長く、もっとやりたいと、感じるはずですよ。

 

個別オンライン瞑想体験会 申し込みはこちら

f:id:kazuyukinguru:20210521120038j:plain