過去の嫌だった出来事

あなたは、過去の嫌だった出来事を、受け入れられていますか?
 
恐らく、そんな嫌なことは、思い出したくもないし、簡単に受け入れらないのが現実だろう。
 
俺は、目の前で父親が逮捕されるのを…
何度も… 何度も… 何度も… 何度も… 見たことがある。
 
こんな事など、大したことではない…
テレビや新聞ではよく見聞きもするし、世の中には、よくありがちな事であり、もっと辛い思いをする人、不幸な人なんて沢山いるはず…
これが、自分にとっての平凡で平和な日常なんだと…
心をだまして、感情を塞ぎ込み…
心のバランスを取ろうとしていた。
悲しみの感情を、表には出さないように振る舞い…
周りをだまし…
自分をだまし…
ヘラヘラ笑っては、誤魔化していた。。。
 
「お前の親を知っているぞ…」
「お前の親は刺青をしているだろ…」
「お前の親は暴力団なんだって…」
「お前の親は薬物依存なんだろ…」
「お前の親は犯罪者だ…」
「お前は犯罪者の息子…」
 
そんな言葉が耳に入ったり…
また、その事がバレたらどうしようと…
心がざわつき、動揺し、いつも混乱していた。
いつまでも、過去の出来事を受け入れられず…
隠すことで、自分の可能性を自ら潰していた。
 
そんな過去を受け入れ…
そして、手放すことが出来たのは…
瞑想と瞑想を学んだ講師のお陰だった。。。
 
過去の悲しみの感情や、怒りの感情を全部受け入れることで…
手放すことも、自然と出来るようになれた。
少しずつだが…
先へと進むことが出来るようになれた。
嫌だった過去の思い出、出来事なんて…
本当は自分で作り出した、幻想であって…
 
どうでもよかったんだと…
 
隠す必要もなかったんだと…
気づくことが出来た。。。
人は、過去は決して変えられないが…
 
未来というこれからの人生は、行動次第で、誰でも必ず変えることは出来る。
 
自分がそんな悩みを、瞑想によって手放せたからこそ…
様々な悩みで迷っている人たちの力になりたい。
それが、自分の使命であり…
そう在ることが…
 
今はもう、亡くなってしまった…
父親に対して精一杯の親孝行だと思っている。
 

f:id:kazuyukinguru:20210510150512j:plain